看護師の不足は怖い先輩のせい?

意外な気がしますが、看護師というのは不足しているものだそうです。
僕は看護学校のある地域に住んでいますし、看護師を志望している人が比較的多い環境にいるのかもしれません。
それにしても、看護師と言えば身近な職業で女性でも憧れている人が多いという印象があります。
だから看護師が不足しているというのは意外に思ったわけです。

ですが、看護師が不足しているというのは、看護師のお仕事が続かない人が多いという話しなのかもしれません。
看護師といえば不規則な生活だし、しかも多忙でストレスも溜まります。
新人看護師の場合は、なによりも先輩が怖く毎日のように泣いている人も少なくはないようです。
確かにそのような環境であれば仕事が続かず辞めていく人が多いというのもわかる気がします。

このような事情があるので新人看護師を怒らないというルールがある病院すらあるそうです。
僕も以前、職人系のお仕事をしていたのですが、怒られてばかりいたものです。
僕はあんまり溜めこまないタイプなので平気でしたが、溜めこんでしまう人だと精神的にまいってしまうと思います。
忙しい上に、仕事ができない新人を見て怒ってしまう先輩看護師の気持ちもわかるだけに、そのあたりは難しい問題ですね。

看護師 求人 先輩のメッセージ | 医療法人 社団 景翠会 金沢病院 看護部

Comments are closed.